Shopify構築支援パートナーを探すならShopiFinder

このサイトは、Zenken株式会社が運営するShopify構築支援業者紹介のメディアです。Shopifyを提供するShopify社は、このサイトと関係ございません。

61社から提案!Shopify制作会社・構築支援パートナー探しならShopiFinder » Shopifyを使った越境EC

Shopifyを使った越境ECとは?

ここでは、Shopifyを利用した越境ECについて紹介しています。メリットやデメリットをはじめ、越境ECを始めたいと考えている方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。「越境ECとは何か?」という点についてもまとめています。

越境ECとは?

ネットショップやECのプラットフォームを活用して、海外消費者に向けて商品やサービスを販売するECサイトの取引を「越境EC」と呼びます。例えばアメリカや中国などの海外に向け、企業だけではなく個人でも越境ECの仕組みを導入しているケースも増加しているといわれています。

この越境ECを始める場合には、大きく分けて3種類の方法があります。

グローバルECモールへの出店

まず1つ目が「グローバルECモールへ出店する」方法です。例えば、AmazonやeBayなどのECプラットフォームへの出店が考えられます。世界中に顧客がいるプラットフォームに出店することで、各国のバイヤーからのアクセスが期待できるといえるでしょう。

国内の海外向けECモールへの出店

2つ目が「国内の海外向けECモールへ出店する」方法です。この場合、上記でご紹介しているグローバルECモールと比較すると顧客基盤は小さいものの、出店にあたる必要な説明が日本語で用意されていたり、サポートも日本語で利用可能などさまざまなメリットがあります。

例えば楽天市場でも越境ECサービスを用意しています。「Rakuten Global Market(楽天グローバルマーケット)」などのサービスを利用すると、日本の楽天市場への出店者も海外に向けて無料で販売が行えます。

自社でECサイトを構築する

3つ目が「海外への販売に対応する独自ECサイトを自社で構築する」方法です。自分で構築するとなると難しい印象を持つ方もいるかもしれませんが、例えばShopifyなどのプラットフォームを利用すればオンラインストアを作れます。この場合、カスタマイズが可能である点に加えて、越境ECに求められる機能をサイトに搭載できる点も注目しておきたいポイントといえます。

Shopifyで越境ECを行うメリット・デメリット

越境ECを始めるにあたって、Shopifyを利用して独自ECサイトを構築したいと考える方もいるでしょう。そこで、ここではShopifyで越境ECを始めるメリットとデメリットについてご紹介していきます。

Shopifyで越境ECを行うメリット

多言語・多通貨機能を利用できる

Shopifyの特徴として、130以上の通貨と50以上の言語に対応している点が挙げられます。

ECサイト構築後にアプリを活用して他言語への翻訳にも対応できますし、カート画面やストアの基本となる画面については、言語設定を行うのみで他言語に対応。さらに、通貨についても自動でレートが変換されます。 越境ECを始めるにあたっては「言語」「通貨」がハードルとなる場合がありますが、Shopifyの利用によって、それらのハードルをクリアできるでしょう。

多数の決済方法に対応している

多彩な決済方法に対応している点もShopifyを利用するメリットといえます。海外でもさまざまな決済手段が使われているため、越境ECを始めるにあたっては、豊富な決済方法に対応しているかは重要なポイントです。

例えば、オンライン決済サービスのPaypayがECサイトを開設してすぐに使用可能となっていますし、そのほかにも世界各国の100を超える決済方法にも対応が可能です。

海外発送が簡単に行える

商品を海外に発送する場合には、送料の設定、関税・税金の計算などさまざまな手間が発生します。しかし、Shopifyの利用で海外への発送も簡単に行える点もメリットのひとつです。

Shopifyで越境ECを行うデメリット

英語力が必要な場合もある

メリットの部分で多言語に対応しているとご説明しましたが、Shopifyで提供されているアプリの中では、日本語に対応していないものも。もし英語がわからない場合には、ECサイトの構築にあたって不便を感じる場合もあるかもしれません。 このように、英語の知識が必要になる場合もある点は注意しておきたいところです。

集客は自分で行う必要がある

ECサイトの立ち上げを行い、売上を上げるにはお客さまを集める必要がありますが、集客は自分で行う必要がある点も注意が必要な部分です。集客を行うには、広告やSNS、ブログなどを利用する方法が考えられますので、どのように集客を行っていくかもあらかじめ検討しておきましょう。

おすすめのShopify制作会社を確認する

Shopifyで越境ECを運用する際の消費税について

消費税は、日本国内で商品を購入した時に課される税金です。越境ECでは、海外に居住する人に商品を販売するため、日本で課される消費税は発生しません。したがって、Shopifyで越境ECを運用するにあたっては、海外のユーザーに対する表示を消費税抜きにしなければなりません。

越境ECでShopifyを使うメリット

越境ECにはShopifyを使用するとさまざまなメリットがあります。たとえば、50の言語と130カ国以上の通貨に対応しており、設定画面で翻訳を直接入力することができたり、自動でレート変換ができます。また、世界各国の100種類以上の決済方法に対応していたり、機能・デザインの拡張性が高いなど、充実した内容を揃えています。

Shopifyを使った越境ECで配送を行う

越境ECで海外へ向けて販売を行う場合、当然のことながら海外へ配送しなければなりません。Shopifyを利用すれば、面倒な配送作業も楽に行えます。Shopifyは、初期設定で海外発送できるようになっており、また配送方法を決めるための便利機能が搭載されており、さらに海外発送に役立つ配送料や関税の計算を簡易に行えるアプリも追加できます。

Shopifyの越境ECでデジタルコンテンツを販売する方法

Shopifyでは電子書籍などの教育関連商品やライセンス、音楽やアート、専門知識などさまざまなものを販売できます。Shopifyでは、このようなデジタルコンテンツを販売するのに向いているアプリが用意されています。

Shopifyの越境ECでデジタルコンテンツを販売する方法とは

Shopifyの越境ECで食品を販売する方法

越境ECでの食品販売も可能です。ただし、販売にあたっては販売国の文化を確認するなど注意するポイントがいくつかあるため、あらかじめ確認しておくことが大切です。また、Shopifyの越境ECで食品を販売する場合の設定などについても確認しておきましょう。

Shopifyの越境ECで食品を販売する方法とは

Shopifyの越境ECで海外向けのハラール商品を販売する方法

ハラール商品とは、イスラム法の規範に従い生活する人も利用可能な商品のことです。販売を行うにあたっては、ハラール認証とはどのようなものなのか、またハラール認証を取得する流れなどについてしっかりと知っておくことが大切です。

Shopifyの越境ECで海外向けのハラール商品を販売する方法とは

Shopifyの越境ECでジュエリーを販売する方法

ジュエリーの販売を行う場合、まずはトレンドの調査が重要になります。また、Shopifyに用意されているテーマから、ジュエリー販売に適したものを選ぶ点やアプリを活用する点、そしてSNSとの連携による集客力の強化が重要になってきます。

Shopifyの越境ECでジュエリーを販売する方法とは

Shopifyの越境ECでホテル予約を獲得する方法

Shopifyを使用してホテル予約サイトのインバウンドサイトを構築することもできます。また、ホテル予約を獲得するためには、SNSやオンライン広告を活用したり、観光情報などの提供を強化するなどさまざまなポイントがあるといえます。

Shopifyの越境ECでホテル予約を獲得する方法とは

公認×実績×実績を満たす
Shopify構築支援
パートナーおすすめ3社!
Shopify「公認」パートナー105社から構築「実績」のある61社を調べ上げ、
専門書を執筆するほどの深い「知見」を持つ会社を選びました。
あとは自社に必要なサポートを提供してくれる会社を選ぶだけ。
あなたの悩み・課題を
解決できるのは?
売上の伸び悩み・技術的な不安を
お持ちの企業におすすめ
フルバランス
株式会社フルバランス
引用元HP:株式会社フルバランス公式サイト
https://fbl.jp/
EC売上の低迷・乗り換えに伴うデータ抽出等に悩んでいる方に、商材に合わせた有効な施策・サイト改修を提案
売上成長率463%※1の実績&公式フォーラム貢献度1位※2の知見で、パフォーマンスの最大化を図る「育て屋グロースハッカー」です。

公式サイトで詳しく見る

事業アイデアから相談して
形にしていきたい企業におすすめ
フラクタ
株式会社フラクタ
引用元HP:株式会社フラクタ公式サイト
https://fracta.co.jp/
プロモーションの企画立案やイメージ戦略に悩んでいる方に、ブランディングのノウハウを提案
プロジェクトの立ち上げから参画し、調査・企画・設計を一緒に考えてくれる、頼れる「企画屋ヒットメーカー」です。
         

公式サイトで詳しく見る

ささげ業務までEC運用を
まるっと任せたい企業におすすめ
コマースメディア
株式会社コマースメディア
引用元HP:株式会社コマースメディア公式サイト
https://commerce-media.info/
社内の運用体制やリソース不足に悩んでいる方に、構築後の運用フェーズまでフルコースで代行
サイトの構築だけでなく、情報更新・受注代行・物流代行・CS・CRMなども幅広くカバーする「便利屋トータルサポーター」です。

公式サイトで詳しく見る

■フルバランス参照元
※1 株式会社フルバランス公式サイト(https://fbl.jp/)より、2017年以降構築の全クライアントを対象に2021年5月〜2022年4月の売上成長率から平均値を算出。
※2 参照元:株式会社フルバランス公式サイト(https://fbl.jp/)より、2022年6月時点でのShopify公式コミュニティのランキング
Shopify 技術的なQ&A https://community.shopify.com/c/技術的なq-a/bd-p/tqa-jp

■選定基準
Shopifyの公認パートナー「ShopifyExperts」「ShopifyPlusPartners」(2022年6月時点)である105社※1のうち、
①公式サイトに構築事例の記載があること(2022年6月時点)
②Shopifyに関する専門書籍を発行している※2こと
を満たし、かつ、ECサイト構築の専門家としてユーザーの課題解決に必要な3つの軸を下記に定義し、それぞれに強みのある会社として3社を選定。

  • ・ブランディング … 唯一、公式サイト上で社員教育・事業推進・リブランディングに至るまで包括的に「ブランディング特化」の事業を展開している記載がある
  • ・コンサルティング … 唯一、公式サイト上で売上成長率の数字を明記しており、また公式フォーラム貢献度1位の実績がある※3
  • ・運用サポート … 唯一、公式サイト上で構築後の詳細な運用業務(サイト更新作業、受注代行、SEO対策、メルマガ・キャンペーン、在庫管理、物流代行、カスタマーサポート)までサポートすることを明記している

※1 参照元:Shopify公式サイト(2022年6月時点) https://community.shopify.com/c/総合的なディスカッション/日本のshopify-expertsとshopify-plus-partnersの一覧/td-p/722989

※2 Amazonで「Shopify」と検索してヒットする有料の書籍のうち、著者がShopifyの構築支援を行っている企業・団体に所属していることが明示されており、判断できるもの。(2022年6月時点)

※3 参照元:株式会社フルバランス公式サイト(https://fbl.jp/)より、2022年6月時点でのShopify公式コミュニティのランキング
Shopify 技術的なQ&A https://community.shopify.com/c/技術的なq-a/bd-p/tqa-jp